生後6~7ヶ月のころ、ネコリパ大阪旧店舗の受付ネコだったブン太を頼りに、大阪某所の駐車場脇で暮らしていたくらら。

血縁関係もないであろう2匹。
もともと人にも猫にも優しかったブン太に寄り添い、ニンゲンには気を許さずにご飯だけをもらって生きていました。

きっと飼われていたであろう人なつっこさのブン太は、嫌がるニンゲンにもスリスリ寄って行ってしまい、これ以上えさやりを続けるなら、保健所へ通報すると言われた保護主さんが幼かったくららも人慣れしていないものの、放っておくわけにはいかないと思われたそうで保護してくださいました。

ブン太と一緒に旧大阪店舗で受付猫をしていましたが、一向に人慣れをしてくれないくらら。

そんな状況が続く中、ブン太に里親様が現れはじめていとりぼっちになったくららは、ほんの少しだけ触らせてくれるようになりました。

それから徐々に先住猫たちとの距離を縮めてもらい、晴れて猫部屋デビュー。

それからはおもちゃでたくさん遊んもらうようになり、くららにも念願の里親様が現れました。

が、一生の家族にはなれませんでした。

こうして再びネコリパ在住となったくららに、今度こそずっとのおうちを。
とスタッフも愛情をもってお世話しています。

紹介 とある事情で里親様宅より1年ぶりにネコリパへ戻ってきたくらら。子ネコの頃は触られることを嫌がっていましたが、いまは隠れ触れるキャラ。隠れキャラなのは、人見知りをするからなのです。スタッフが撫でることは許してくれますが、初対面ではビクビク・・・と怖い気持ちが勝ってしまうようで、まだ人慣れ発展途上中。家族になればあまえんぼにゃんこになること間違い無し!ではあります。かりんちゃんと一二を争う美猫ちゃん。

性格 里親宅より出戻り/怖がり/撫でられるの大好き/ネコ好き/

特徴 鼻下からあご元にかけて毛が白いのが特徴。

Archives

くらら

\くららに幸せになってほしい!と思ったら/