古関れんさんのブログ で 東京お茶の水店 を紹介していただきました

ネコリハッピーボックスへのお申込みもいただいたようです。ありがとうございます!

ねこねこ!にゃんにゃんにゃん!
いぬいぬ!わんわんわん!

どうもです。先日ですね、新しいカタチの猫カフェ「ネコリパブリック」にいってきたんです。

続きは記事元で:
どうぶつ。 | 古関れん 公式ブログ

ファッション&カルチャーWEBマガジン「原宿カワイイスタイル」 に 東京お茶の水店 が紹介されました

猫カフェブームの中で、新しいカタチの『保護猫カフェ』が各地でオープンしていることをご存知でしょうか?

猫たちと気軽に触れ合えると大人気な保護猫カフェ、今回は『ネコリパブリック』さんにお邪魔してきました!

続きは記事元で:
里親を探す猫カフェ「ネコリパブリック」を古関れんが体験レポート!

sippo(シッポ) に 保護猫トレーラーハウス が紹介されました

イベントで最も注目されたのは、屋外に設置されたトレーラーハウスで行われた保護猫の譲渡会。保護猫カフェを運営する「ネコリパブリック」とキャットフードのメーカーでもある「ネスレ」の共催で、今回のためにトレーラーハウスをレンタルし、譲渡会用に改装した。譲渡会には、会場周辺の個人やNPO団体が保護している子猫から成猫まで14匹が集まった。

続きは記事元で:
トレーラーハウスでおしゃれに保護猫譲渡会 ネコリパブリック「保護猫のイメージ一新したい」

菜々緒さんのtwitter で ネコリパブリック を紹介していただきました。

菜々緒さんのtwitterで、先日の志村どうぶつ園での件を取り上げていただきました。

朝日新聞デジタル に首相の河瀬が紹介されました

減ってきたとはいえ、いまも年間7万匹ちかくの猫が殺処分されている。処分ゼロの社会をめざし、保護された猫とふれあえる猫カフェを営む。「日本国民のみなさん。『わが国』では、基本的猫権を尊重しています」

 なぜ「わが国」か。それは会社と店の名が「ネコリパブリック」、猫の共和国だから。大統領は人間のネットログイン前の続き投票で決める猫で、いまは3代目、名は「おはぎ」。「社長の私は、首相です」

続きは記事元で:
河瀬麻花さん 猫カフェから「基本的猫権の尊重」を訴える

毎日新聞 経済プレミア に マルイ池袋でのネコ市ネコ座 が紹介されました

2月25~28日、東京・池袋にある百貨店「マルイ」最上階の7階のほぼ全スペースで、猫関連グッズの物販展が行われた。主催者で「保護猫カフェ」運営会社のネコリパブリック(2014年設立)は、会場の一角で猫と飼い主のお見合いイベント「譲渡会」を開いた。衛生面などに厳しい百貨店で譲渡会が開かれるのは非常に珍しい。

続きは記事元で:
猫と“良き飼い主”をつなぐ「保護猫カフェ」の取り組み

ペトこと に 島忠社内での「保護猫セミナー」が紹介されました

「さくら猫って知ってますか?」 会議室に集まった30人ほどのうち、手を挙げたのはわずかに1人――10日(金)、島忠社内で「保護猫セミナー」が開催され、同社の社員向けに自走式保護猫カフェ「ネコリパブリック」の河瀬 麻花首相が、殺処分の現状や問題解決へ向けた取り組みについて説明しました。

続きは記事元で:
みんな「さくら猫」を知らないの!? ネコリパが島忠社内で「保護猫セミナー」を開催

東京犬猫日和 に 保護猫トレーラーハウス が紹介されました

こちらは世界初となる移動型保護猫カフェ「ネコリパブリック」。トレーラーハウスを使った「猫バス」で保護ネコたちに出会うこともできる。

ネコリパブリックの代表(首相)河瀬麻花さんと参加しているネコさん。

ネコの取り扱いはデリケートなため、展示2日前からスタッフは猫たちとエアコン完備のトレーラーハウスに宿泊。出入り口は厳重に管理され、保健所の許可や消毒はもちろんのこと、トレーラハウスに慣れさせたり、会場全体の音に注意するなど、猫たちへ最大限の配慮が行われていた。また、複数の動物保護団体や獣医師が参加、相談会やグッズ販売、PR活動なども積極的に行われていた。

続きは記事元で:
ジャパンキャンピングカーショー2017 〜PEACE LIFE PEACE PET〜

INU MAGAZINE(イヌ マガジン) に 保護猫トレーラーハウス が紹介されました

ただ営利目的の猫カフェと勘違いしないでください。「おさわり厳禁」ですよ。ただし、猫の方からグルグルと喉を鳴らしてやってきて「撫でて」というなら、撫でてあげてもスタッフがいいよと言ってくれると思います。
スタッフは、猫が脱走しないよう、また猫にストレスがかからないよう常駐で細心の注意をしています。

保護猫トレーラーハウス。冷暖房完備。二重扉付き。猫の数より猫ベッドの数が多い。床材を張り、壁にも布を張り、そしてカーテンも

このイベント期間中は、関係者は寝袋(布団?)持参でトレーラーハウスの中で24時間猫たちを見守っているそうです。毎日、猫を違う場所から出勤させたら、さすがに動じないタイプの猫でもストレス過多になる可能性がありますから。
陰ながらいろいろな努力をされていることが、話しのはしばしから伝わってきます。大変だなぁ、前例のないことをやるってことは。
でもその苦労があってこそ、アニマル・ウェルウェアの気持ちが、日本に染み渡っていくのだなぁと感じます。

続きは記事元で:
“PEACE LIFE PEACE PET” が新しく登場! ジャパン キャンピングカーショー 2017

ゴスペラーズの酒井雄二さんがネコリパ東京で1日店長になってくれました

2月22日にリリースされるニューシングル「Fly me to the disco ball」の初回生産限定盤DVDに収録される特典映像に、ゴスペラーズの酒井雄二さんがネコリパ東京で1日店長になってくださった様子が収録されています。

酒井の猫好きはファンの間では有名な話だが、実際、保護猫カフェに行って1日店員として働く姿が収録されている。

続きは記事元で:
「私がゴスペラーズじゃなかったら〜酒井雄二編〜」ティザー映像公開。酒井が“保護猫カフェ”の1日店員に

avetの活動日記 に 保護猫トレーラーハウス が紹介されました

今回のイベントに保護猫を派遣してくださったavet (エイベット・天美動物診療所)さまのブログに紹介していただきました。

ネコリパブリックさんとエイベットの共通の考えだなと私が感じるのは
とにかくまずは知ってもらうことが1番大切と考えていること。

ボランティアを長くしてきた人の応援は、当然したい。
それにプラスして何も知らなかった人の目に触れるように、活動していきたい。
この部分の考え方は同じだと思っています。

それには一般の人が保護猫の素晴らしさをどうすれば知ってくれるのかを
考えなくてはいけません。

今回のキャンピングカーショーのイベントも賛否あったそうです。

けれど、内容はとてもしっかりしていて
獣医師もいますし、1度にキャンピングカーに入れる人数も決まっていて
スタッフさんは泊まりこみでお世話。

猫たちが疲れないような配慮もなされていて素晴らしいと思いました。

続きは記事元で:
関東の皆さん、エイベットからの猫さんに会いに行きませんか?

大阪ネコビル改装クラウドファンディング ストレッチゴール発表!

支援はこちらから。

支援ページ

 

===

プロジェクト達成しました!本当に、本当にありがとうございます。
残り数日ですが、保護猫文化や、保護猫カフェをメジャーにするために、さらなる高みに挑戦したいと思います。

ストレッチゴールは562万円(ごろにゃん万円)!達成したら、保護猫カフェメジャー化プロジェクトを大々的に立ち上げて下記のことを実勢いたします!

続きはプロジェクトページで:
大阪ネコビル1階を改装して猫カフェ=保護猫カフェがスタンダードな世の中にしたい!

ガジェット通信 に 猫水盃と猫飯碗 が紹介されました

商品は楽天市場で購入いただけます。

 

===

フードを入れる「猫飯碗(ねこめしわん)」とお水を入れる「猫水盃(ねこすいはい)」をご紹介いただきました。

猫のための一番!を目指す猫壱と、おしゃれに、楽しく、猫助け!をしているネコリパブリック。お互いの猫を思う熱い気持ちが、今回ついに「コラボ商品」を作ることで一致。素敵な商品が生まれました♪

続きは記事元で:
こんな食器が欲しかった!猫壱とネコリパブリックのコラボ商品

ねとらぼ に 大阪ネコビル改装クラウドファンディング が紹介されました

支援はこちらから。

支援ページ

 

===

今回発表された改装プロジェクトの目玉は、同店の1階入り口に新たな保護猫スペースを作るというもの。愛嬌たっぷりな保護猫たちが道行く人を出迎える設計となっており、保護猫カフェの存在をPRし、気軽に保護猫カフェを訪れるきっかけになることを目指しています。

続きは記事元で:
大阪ネコビルを改装へ 保護猫カフェ「ネコリパブリック」がクラウドファンディング実施中

ビエボ に ネコリパブリック が紹介されました

日本最大級のハウツー動画サービス「ビエボ」に、ネコリパブリックを動画で紹介していただきました。

日本で殺処分されてしまう猫は年8万匹もいます。殺処分対象だった猫たちを保護して里親探しをしているネコリパブリックさんに、私たちができることを教えてもらいました。

動画は以下のyoutubeでもご覧いただけます。:
【保護猫カフェ】あたらしい猫助けの方法

ねとらぼ に 猫水盃と猫飯碗 が紹介されました

商品は楽天市場で購入いただけます。

 

===

フードを入れる「猫飯碗(ねこめしわん)」とお水を入れる「猫水盃(ねこすいはい)」をご紹介いただきました。

猫ちゃんがごはんを食べたり水を飲んだりしやすい高さの食器2種類が、保護猫カフェなどを運営する「ネコリパブリック」と猫グッズのブランド「猫壱」のコラボから誕生しました。

続きは記事元で:
飲みやすいニャ! 猫ちゃんが使いやすい高さのおしゃれな食器が登場

VOGUE JAPAN に ネコリパブリック が紹介されました

東京 池袋店の みかんネオヨネ、岐阜のミミ がVOGUEデビューしました。

「ネコリパブリック」は、保護猫の里親探しの場でもある保護猫カフェを運営している。保護猫とのおしゃれで素敵なライフスタイルを提案することで、保護猫を家族に迎える文化を作り上げているのだ。

続きは記事元で:
家族を求める犬・猫をサポートする、夢の共演。

ねこずかんブログにコタロー(旧名:文太)とネコメシフィーダーを紹介していただきました

ネコリパ大阪の老猫コタロー(旧名:文太)を家族に迎えてくださり、いまでもネコリパブリックの応援をしてくださっている「ねこずかん」さまのブログにご紹介いただきました。

あたたかい家庭で愛する飼い主に囲まれておいしいごはんを食べて幸せな余生をすごす。きっとそれは保護された猫たちにとって何にも勝る幸せなのではないかと思うのです。

続きは記事元で:
保護猫にあたたかい家庭を

Yahoo! BEAUTY に ネコメシフィーダー が紹介されました

ネコメシフィーダーの詳細、ご購入はこちらから。

購入する

==

専用アプリで制御・操作できるネコリパ印の自動給餌器は、白黒を基調とした落ち着いたトーンのオリジナルデザイン。出っ張りが少なく手入れもしやすそうです。

続きは記事元で:
買うだけでも猫助けになるIOTの「ネコメシフィーダー」、CF支援を募集中

猫ジャーナル に ネコメシフィーダー が紹介されました

ネコメシフィーダーは以下(楽天市場店)からご購入いただけます。

購入する


猫が助かる保護猫カフェで、一部の猫クラスタにはおなじみの「ネコリパブリック」から、新たなクラウドファンディング案件が登場です。今度の猫アイテムはIoT。ひと言で言いますと、遠隔操作兼時限式自動給餌双方向音声通話映像録音録画機、商品名は「NECO MESHI FEEDER(ネコメシフィーダー)」であります。

続きは記事元で:
買うだけでも猫助けになるIOTの「ネコメシフィーダー」、CF支援を募集中

家族目線BLOG に ネコ市ネコ座@ネスカフェ原宿 が紹介されました

ブースに出店してくださったオムロンのペット見守りカメラ「家族目線」のブログで、イベントの様子を丁寧に紹介していただきました。ありがとうございます。

ネスカフェ原宿にネコ市ネコ座が初上陸!日頃からお世話になってる保護猫カフェ・ネコリパブリックさんとネスレピュリナさんが共同で開催されてます。

続きは記事元で:
【レポート】ネコ市ネコ座@ネスカフェ原宿に行ってきました。オムロンのペット見守りカメラ「家族目線」も出展!

メン・イン・キャット×ネコリパブリック おっさんネココンテスト開催中

なんと!映画「メン・イン・キャット」とネコリパブリックがコラボ!
あなたの一票でネコリパブリック保護猫一番の”おっさんネコ”が決まる!?

公式サイト
ttl

 

「こいつが一番のおっさんだー!!」
と思う子のポストカードをご購入ください★

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-10-42-19

一番ポストカードの売れた子が
ベストオブおっさんネコに任命されます!

もちろん!ポストカードの売り上げは保護猫活動の資金となります。

投票して猫助け★!どしどし投票くださ~~い!

コラボキャンペーン特典

  • 抽選で5名様に映画「メン・イン・キャット」劇場鑑賞券(ムビチケ)をプレゼント 【11月20日までの方対象】
  • 抽選で「ニャンともかわいい!肉球マグネット」を20名にプレゼント 【11月30日までの方対象】

投票はこちらから:
メン・イン・キャット×ネコリパブリック おっさんネココンテスト!

仕事旅行社 に ネコリパが紹介されました

猫を飼った経験がない人が飼ってみて初めてわかったことを、丁寧にまとめていただいています。

猫の知識が無かった僕は、預かりボランティアという「おためし期間」を体験したことで、以下のように、自分の好みや、大切にしたいことが明確になり、その結果、自分と相性のいい猫を見つけることができました。
・子猫は可愛いけど、自分の生活スタイルには大人猫が適している。
・自分にとっては「匂い」よりも「音」がストレスになる。
・病気であることや、毛柄は気にしない。

続きは記事元で:
猫を飼うことでわかった、居心地よい職場の見つけ方

ペトこと に「スイトル」とのコラボキャンペーンが紹介されました

掃除機の先に取り付けるだけでカーペットやマットレスを水洗いできるクリーナーヘッド「スイトル」(switle)が保護猫カフェ「ネコリパブリック」とコラボし、10台売れるごとにスイトル1台をネコリパに寄贈する販売プランが始まりました。価格は2万2222円で、クラウドファンディングサービス「Kibidango(きびだんご)」で先行販売が行われており、出荷は来春を予定しています。

続きは記事元で:
水洗いできる掃除機ヘッド「スイトル」が保護猫カフェとコラボ にゃんにゃんプライスで猫助け

ネコ市ネコ座トークショーに来ていただいた杉本彩さんのインタビューが 東京犬猫日和 に紹介されました

殺処分が減少、それは行政の取り組みによる成果だけではなく、その多くがボランティアによる活動とその貢献によって生み出されたことも知って欲しいです。

続きは記事元で:
杉本彩さんインタビュー 繁殖、流通過程、無責任飼い主から「1頭たりとも奪われなくていい命のことを考える」 ~官民連携で無責任飼い主ゼロ、殺処分という行政業務をみとめない~

ペトこと に ホゴネコサポートプロジェクトが紹介されました

長い記者会見を、丁寧にまとめてくださいました。ありがとうございます。

自走型保護猫カフェ「ネコリパブリック」とネスレ日本、マガジンハウス『anan』は11月7日(月)、共同で「ホゴネコ サポート プロジェクト」を開始すると発表しました。第1弾として三つの取り組みがスタートします。

続きは記事元で:
ネコリパ、ネスレ、ananが共同で保護猫サポート 愛猫家・つるの剛士さんも「かわいいだけじゃなく、一人ひとりが考えなければいけない」

J-CASTトレンド に ホゴネコサポートプロジェクトが紹介されました

ネスレ日本は「ネスレ ピュリナ ペットケア」事業の一環として、猫の里親探し活動を支援する「ホゴネコ サポート プロジェクト」を開始する。猫の里親探しを展開している「ネコリパブリック」とマガジンハウスの雑誌「anan」と共同運営する。

続きは記事元で:
愛猫家のつるの剛士「『命を飼う』ことについて考えて」猫の里親探しプロジェクトを応援