猫ジャーナル に岐阜店が紹介されました


オープンから約3週間で、すでに10匹の保護猫に、里親が決まったそうです。
岐阜県岐阜市で、2014年2月2日にオープンした猫カフェ「Neco Republic」(地図はこちら)。ここはボランティアや寄付に頼らず、地域の保護猫団体と協力して、里親を見つける活動を続けるのと同時に、スタッフを社員として雇用して、ビジネスとして「自走」できることを目指す「自走型保護猫カフェ」をコンセプトに、運営されています。

続きは記事元で:
岐阜の猫カフェで始まる、ビジネスと猫保護活動の素敵な関係

+ コメントはまだありません

コメントする