いっちゃん

いっちゃん

大事な仲間を守ってきた兄貴分、いっちゃん

いっちゃんは、ネコリパブリックのほかのネコの多くと同じように、多頭飼育崩壊の現場で保護されたネコです。

_03a2224

保護された現場は、ひどい臭いと汚れだったそうです。
私たちよりも嗅覚がずっと鋭くて、そして清潔好きなネコたちが、どんな思いをしながらそこにいたのか。

2016-10-21_01

保護当時のいっちゃん

白い毛のいっちゃんの汚れはひどくて、なんどシャンプーをしても、黄ばんだ汚れも臭いもなかなか落ちなかったようです。

ネコリパブリックに来る前は、預りさんのとことにしばらくいました。
最初は大暴れです。

それでも少しずつ、人間の温かさを受け入れてくれるようになってくれました。

そしてネコリパブリックにやってきたいっちゃん。

おなじ現場からきた他の子は逃げ回ってばかりでしたが、いっちゃんはむしろ向かって来るタイプ。
それもかなりキツめのファイターでした。

_k9a3707

きっと、こんなふうにしてあの環境のなかで生き延びてきたんだろうなと思います。

でも、ごはんをあげるのもトイレを掃除するのも、スタッフは本当に一苦労だったんです。
その一方でネコに対しては、親分肌というか兄貴分のところがあって、

_k9a3722

近づいてくるネコに自分の体の臭いを嗅がせるときの堂々とした様子とか、

_k9a3759

投薬されるのを嫌がっているネコがいたらそばにいって、まるで「大丈夫だから」って言っているように振る舞っていたりとか、

_k9a3763

お腹が空いたってなくネコには「もうすぐだからそれまで」ってかまってあげる様子とか、

なんというか、たのもしいのがいっちゃん。

きっといっちゃんはそんなふうに、過酷な環境でいろんなものと戦いながら、大事な仲間を守ってきたんだろうなと思います。

そんなネコリパブリックの生活にもだいぶ慣れて落ち着いてきたいっちゃんは、最近では寝ているときに体を触られても起きなくなりました。

_k9a3847

でもときどき半目。

_k9a3854

もしかしたら寝たふりかもしれません。

目を開けて喜べばいいのに。

 

そんな照れ屋なところも、いっちゃんの男気なのかもしれません。

紹介 多頭飼育崩壊現場からレスキューされた猫。お店に来た当初はシャーシャーで強烈な猫パンチが飛んできていました。外の猫が人に甘える姿を見て徐々に距離を縮めてきています。 まだ若くて遊びたい盛り!毎日他の猫達と仲良くプロレスごっこをしています。

性格 いつもみんなの心配をしてる面倒見の良い兄さん的存在。好奇心旺盛。おもちゃ大好き。

特徴 威圧感すらある目だが、困り顔にも見えちゃう多面的ボーイ。白い体に丸いキジ模様がひとつ。だからいっちゃん。

Archives

いっちゃん

\いっちゃんに幸せになってほしい!と思ったら/