ペトこと に「スイトル」とのコラボキャンペーンが紹介されました

掃除機の先に取り付けるだけでカーペットやマットレスを水洗いできるクリーナーヘッド「スイトル」(switle)が保護猫カフェ「ネコリパブリック」とコラボし、10台売れるごとにスイトル1台をネコリパに寄贈する販売プランが始まりました。価格は2万2222円で、クラウドファンディングサービス「Kibidango(きびだんご)」で先行販売が行われており、出荷は来春を予定しています。

続きは記事元で:
水洗いできる掃除機ヘッド「スイトル」が保護猫カフェとコラボ にゃんにゃんプライスで猫助け

ネコ市ネコ座トークショーに来ていただいた杉本彩さんのインタビューが 東京犬猫日和 に紹介されました

殺処分が減少、それは行政の取り組みによる成果だけではなく、その多くがボランティアによる活動とその貢献によって生み出されたことも知って欲しいです。

続きは記事元で:
杉本彩さんインタビュー 繁殖、流通過程、無責任飼い主から「1頭たりとも奪われなくていい命のことを考える」 ~官民連携で無責任飼い主ゼロ、殺処分という行政業務をみとめない~

ペトこと に ホゴネコサポートプロジェクトが紹介されました

長い記者会見を、丁寧にまとめてくださいました。ありがとうございます。

自走型保護猫カフェ「ネコリパブリック」とネスレ日本、マガジンハウス『anan』は11月7日(月)、共同で「ホゴネコ サポート プロジェクト」を開始すると発表しました。第1弾として三つの取り組みがスタートします。

続きは記事元で:
ネコリパ、ネスレ、ananが共同で保護猫サポート 愛猫家・つるの剛士さんも「かわいいだけじゃなく、一人ひとりが考えなければいけない」

J-CASTトレンド に ホゴネコサポートプロジェクトが紹介されました

ネスレ日本は「ネスレ ピュリナ ペットケア」事業の一環として、猫の里親探し活動を支援する「ホゴネコ サポート プロジェクト」を開始する。猫の里親探しを展開している「ネコリパブリック」とマガジンハウスの雑誌「anan」と共同運営する。

続きは記事元で:
愛猫家のつるの剛士「『命を飼う』ことについて考えて」猫の里親探しプロジェクトを応援

猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト に ネコ市ネコ座 原宿が紹介されました

ネコ好きの皆さん、2016年11月5日と6日は原宿へ!この2日間は原宿駅から2分の場所にあるネスカフェ原宿で「楽しみながらネコ助けができる・ネコ市ネコ座・ホゴネコ文化祭」を開催しています♪
このイベントの主催はモンプチで有名な「ネスレピュリナ」と「株式会社ネコリパブリック」。ホゴネコを家族にする文化をもっともっと世の中に広める為にネスカフェ原宿をジャックしての開催です。

続きは記事元で:
お土産を貰って猫助けが出来る!ネコリパ主催・「ネコ市ネコ座」へ急げ!

杉本彩さんのブログ に ネコ市ネコ座 原宿が紹介されました

猫好きによる、猫のための、楽しみながら猫助けができる、猫祭り。
それがネコ市ネコ座です。
11月8日(火)のホゴ猫チャリティーパーティーのトークショーには、
私、杉本彩も出演いたします。
ぜひおいでください(^_-)

続きは記事元で:
杉本彩『ネコ市ネコ座 原宿 イベントのお知らせ!』

フェリシモ猫部 に お茶の水店の斗寅(ととら)が紹介されました

「安楽死希望で。」と、動物病院にかっぷくの良いキジトラ猫が連れてこられました。年齢は15歳と高齢ですが、検査の結果、健康状態は至って良好。
「なぜ?」
生きようとする動物を助けるのが自分の仕事、安楽死などありえない!
しかしその方は頑で、説得に応じる気配もなく……。

続きは記事元で:
安楽死になんかさせないよぅ

ウートピ に 中野店のりんご猫・鈴之助と里親さまが紹介されました

発症のリスクはあるものの「それでもいいよ」と譲渡希望の里親さんがあらわれたのです。今回、中野店卒業第1号猫、白黒柄で恰幅の良い「鈴之助」(すずのすけ)の里親さんにお話を伺う機会を得ました。なぜりんご猫を選んだのでしょう?

続きは記事元で:
相棒は「りんご猫」 エイズ猫の里親になった夫婦の決意

毎日新聞「経済プレミア」 に首相 河瀬のコメントが紹介されました

ネコリパブリック経営者の河瀬麻花さんは「単なる猫ブームで命を簡単に買うようなことはやめてほしい。家族として、最期までみとる覚悟で迎えてほしい」と訴える。確かに、可愛い盛りの子猫を店頭に並べ、衝動買いを誘う販売業者にも問題があるのかもしれないが、やはり最大のポイントは、飼い主の姿勢だろう。

続きは記事元で:
「猫の飼い主探し」ボランティア頼みの限界

家族目線BLOG にネコビル(大阪心斎橋店)が紹介されました 3

オムロンの見守りカメラセンサ「家族目線」のブログへようこそ!第三弾は4階にある保護猫とお昼寝できるプライベートスペース「CAT & BED & BOOK」です。

続きは記事元で:
自走型保護猫カフェ ネコリパブリックの『ネコビル』潜入レポートVol.3【4階 保護猫とお昼寝できるプライベートスペース編】

ペトこと に東京中野店が紹介されました 1

今回は、今年7月にオープンした「ネコリパブリック 東京中野店」に行き、中野店を開いた経緯や理念を詳しく伺いました。猫に興味はあるけど保護猫にあまり馴染みのない人にこそ読んでほしい、写真たっぷりのリポートをお届けします。

続きは記事元で:
「りんご猫」のカフェってどんなところ? ネコリパブリック中野店に行ってみた【前編】

ペトこと にアニマルウェルフェアサミットでのイベントが紹介されました

8月26日(金)、27日(土)に東京大学本郷・弥生キャンパスで行われた「アニマル・ウェルフェア サミット 2016」。2日にわたって開催された本イベントでは、動物に関わる多くのプログラムが実施され、2日目に行われたプログラムは家族や友人と参加できるような楽しいプログラムが多く企画されました。

今回は、2日目のプログラムから、保護猫カフェで知られているネコリパブリック主催の「楽しみながら猫助け〜カルタ作りのワークショップ〜」の様子をお届けします。

続きは記事元で:
楽しみながら猫助け!? ネコリパブリックの猫カルタワークショップに潜入!【アニマル・ウェルフェア サミット2016】 | ペトこと

猫ジャーナル に首相 河瀬も参加したアニマルウェルフェアサミットが紹介されました

一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブルの主催「ANIMAL WELFARE SUMMIT 2016」での、小池都知事と滝川クリステルさんとの対談。それと同じく、26日には同じ会場で「殺処分ゼロを達成するために」と題したシンポジウムも開催されました。こちらでは、各地で殺処分ゼロに取り組む、5つの団体の代表が一堂に会し、その活動と思いを語りました。その模様も、猫ジャーナルでは取材をして参りました。

続きは記事元で:
「殺処分ゼロ」のために何をすべきか。保護活動団体によるシンポジウムが開催

ペトこと に東京中野店が紹介されました

保護猫を集めた猫カフェを運営するネコリパブリックが、7月から猫エイズにかかった猫を集めた猫カフェ「ネコリパブリック東京中野店」をオープンしました。東京都内ではお茶の水店に続く2店舗目で、猫エイズへの偏見をなくしてほしいという目的で作られたカフェです。

続きは記事元で:
「りんご猫」って知ってますか? 中野に猫エイズ専門の保護猫カフェがオープン

ロケットニュース24 にネコビル(大阪心斎橋店)が紹介されました

迷子の迷子の子猫ちゃん~あなたのお家はどこですか。2016年5月22日、2022年2月22日までに「日本で猫の殺処分をゼロにする」という目標を掲げる保護ネコカフェ「ネコパブリック」が、大阪でリニューアルオープンしたよ!

続きは記事元で → 大阪に「ネコビル」が誕生したよ! 保護ネコカフェ『ネコリパブリック』に行ってみた / 5階建てビルが丸ごとネコだらけだニャン!!

朝日新聞デジタル に首相の河瀬が紹介されました

第1条 猫リパブリックは、猫と人の「国民」からなる、共和国とする。
第2条 国民は、すべての基本的猫権、および基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的猫権、および基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在および将来の国民に与えられる。――「猫リパブリック憲法」から
おまえは何を書いているんだ、と思われたでしょう。

続きは記事元で:
(魂の中小企業)猫の共和国樹立、憲法を施行せり!

WD ONLINE に首相の河瀬が紹介されました

猫の殺処分ゼロを目指して、保護猫カフェなどの事業を展開する「ネコリパブリック」。代表の河瀬麻花さんは、SNSやネットショップ、クラウドファンディングなどを巧みに活用して愛猫家の支持を集めている。その感染力の秘訣をうかがった。

続きは記事元で:
保護猫カフェ「ネコリパブリック」|思いやストーリーを伝えることで顧客の共感を呼ぶ