あけましておめでとうございます!殺処分ゼロに向けての2017年の最初の挑戦!


Kibidangoにてクラウドファンディングプロジェクトを開始しました!

大阪ネコビル1階を改装して猫カフェ=保護猫カフェがスタンダードな世の中にしたい!

あけましておめでとうございます。
ネコリパ首相のあさかです。

2017年もスタートです!皆様お正月はいかがお過ごしですか?

私は愛猫たちと年越しを過ごし、お正月も猫達と過ごしています。
東京で年越しをしたので、これから御茶ノ水店にいって、保護猫達と正月早々ゴロゴロしたいと思っております。

そう!御茶ノ水店は、1日から営業しておりますよー。ぜひ遊びにいってくださいね。

猫カフェのスタンダードが保護猫カフェになるように

今回のプロジェクトの目的は、↑ これです。

なぜ、大阪の1階を改装する必要があるのか?
それは、どんな猫カフェよりも、ネコリパの保護猫カフェが、おしゃれで、入りやすくて、わかりやすくて、一般の保護猫活動に興味がない人でも、気軽に入っていただける、そして入っていただいてからその人達の心に爪痕を残して、社会を少しずつ変えていくことを加速させたいからなのです!

よく、ペットショップの前に人だかりができることがあります。
それは、やっぱりそこに、かわいい生き物がいるから・・

もしネコビルの1階の窓辺に、かわいい保護猫がゴロゴロひなたぼっこしていたら、人が集まってくるとおもうのです。

きっと集まってくる方は、「ネコ かわいいー」という単純な気持ちで近づいてきてくれると思います。

そこで、今回は、その横の大きな液晶画面で、

保護猫ストーリーの映像

を流します。

保護猫ストーリーとは、いまネコリパブリックがネコリウェブというサイトを運営しています。

このサイトの中で、保護猫ストーリーというものを展開しています。

保護猫達のバックストーリー、どうやって保護されたのか、どうやってネコリパにやってきたのか、保護猫達がどんな風にネコリパで過ごしているのか?

そんなお話を少しずつですが書いています。

例えば、、
大事な仲間を守ってきた兄貴分、いっちゃん のお話

家族の温かさを、どうか、もう一度。まみちゃんのお話

こういった、保護猫達のバックストーリーを描いています。
これを読んでいただくと、多くの方が、本当にこの子達に幸せになってほしいと思っていただけるのです。

今回、ネコビルの1階では、この保護猫ストーリーを、映像化し、かわいい保護猫達の映像とともに、ナレーションなどで、ストーリーを語る、かなしい、せつない、でもちょっとハッピーになれる映画みたいなものを作り、流したいと思っております。

そうすることで、きっと、かわいい!という単純な気持ちで、近づいてきた人たちにも、心に爪痕を残すことができますし、さらに、保護猫カフェというものの存在を知ってもらえることになるとおもうのです。

かわいいだけじゃない、悲しい過去も背負っている保護猫達

そのことを、多くの通り過ぎる人たちにしってもらうことで、少しずつですが、保護猫、保護猫活動について知ってもらい、保護猫文化を広めることができるのだと思うのです。

保護猫カフェで、お客様が来るのを待っているだけでは、2022年2月22日に猫の殺処分はゼロにはできない。

やっぱり、少しでも多くの、興味がない人たちを巻き込み、変えていく、それができるのはネコリパブリックしかないのではないか、、と思っております。

大阪ネコビルは、大阪ミナミの繁華街、心斎橋のヨーロッパ通り沿いの一等地にあります。

だからこそ、興味がない人たちを巻き込むことができる大きな大きなポテンシャルがあります。

なんとか、1階を改装し、ネコビルをもっと入りやすく、ワクワクする店構えに変えたいのです。

どうかご支援よろしくお願いいたします。

 

Kibidango 2017/1/1活動報告 より)

+ コメントはまだありません

コメントする